2019年02月17日

「映画テレビ技術」2月号に載りました。

「映画テレビ技術・2月号」に載ってしまいました。
流石に、この業界紙に載るのは初めてじゃないかな? InterBEEなんかの展示会の記事としては何回か載った事がありましたが、今回の様に弊社の商品紹介として載ったのは初めてです。「TF-B4toPL/EF*35mm full-frame」は、造ってからは少し時間が経ってますが、今も売れてますし最近海外からの引き合わせやセキュリティーの映像部門からも注目さてています。
映画テレビ技術 表.jpg 記事1頁目.jpg 記事2頁目.jpg 
60頁と61頁に載ってます。なんと 私も写真で載ってしまいました!!恥ずかしい!
今年60歳だから 60頁に載ったのか?歳は取りたくないものだ(笑い)。
  2/3インチのENGズームレンズは、ある意味とても良く出来ているレンズと思います。CanonさんやFujinonさんが長年切磋琢磨して創り上げてきたレンズです。小型、高倍率、電動サーボ付き。今スーパー35やフルサイズのカメラが流行り、写真用のレンズやシネ用の単玉など使えば、いかにENGレンズの小型、高倍率、電動サーボ付きが便利で必要な事だと分かりますでしょう?
 このコンバーターが一番使われているのは、フルサイズスチールカメラやSony FS7やFS5、EOS300/200などです。 私はドキュメンタリーの撮影現場が一番良いのではないかと思います。セキュリティーの画にも良いかも。
 是非ともこれを機会に試して下さい。2月28日と29日のパシフィコ横浜「CP+」の動画部門でも弊社は出展していますので観に来てください。
 イメージサイズの変換倍率の理論は難しくて意外と分かってらっしゃるカメラマンさんは少なく、ズームレンズに搭載さている エクステンダー×2入れると何故2倍に画面が大きくなるか? それが分かってないと このコンバーターの良さは理解できないと思います。 いつでもその説明のオファーが有ればお伺いいたします。

という事で、復活!第二弾ブログも終わりにします。  
     また宜しくお願いします。EOS Rを買った 片岡でした。(周りは誰も買ってない!! 皆α7Vか!)

posted by TF店長 at 19:03 | ご挨拶
キヤノンマーケティングジャパン 修理代行店
ザハトラー・ジャパン 修理認定ショップ
ヴィンテンジャパン 修理認定ショップ
オリジナル製品・特機製作 / 改造
MOVIEtube 日本総代理店
Deity 日本総代理店