2014年12月15日

InterBEE2014 ありがとうございました。

Technical Farmブースに来て頂いた皆様!ありがとうございました。
ご多忙な中、弊社ブースにお越し頂き本当にありがとうございました。やはり出展すると楽しいですね。昨年は休みましたのでな〜んか寂しかったです。特に1年に1回だけこの展示会でお会いできる遠くのお客様もお越し頂き本当に嬉しかったです。
今年はこんな感じでした。IMG_1585.JPG
で、こんな感じでいっぱい来てくれてIMG_1591 - コピー.JPG
なかなかお話できなかったお客さんもいらっしゃって どうもすみませんでした。

やっぱり
ブース出すからには新作がないと つまんないですからね、「新作だすの?」って言われるのもプレッシャー掛かりますが嬉しい事です。
今年の一番の新作はこれ!IMG_1258 - コピー.JPG
でブースの展示はこれ!C11L0128 - コピー.JPG
TF-B4toPL/EF*35mm full-frame
B4マウント(2/3インチ)ズームレンズをCanon5DやSony7Sを代表するフルサイズセンサーに変換するアダプターです。B4ズームレンズにはほとんど2倍エクステンダーが付いてますので、それを利用します。それによってよりコンパクトにそしてよりコストを下げる事を両立しました(と言っても安くないですよ。設計から全てオリジナルですから)
。全国というよりは全世界に2/3インチのB4ズームレンズは膨大な量有ります。非常に高倍率高性能のレンズですので とてももったいない。展示してて多くの方に凄く喜んでもらって嬉しかったです。造って良かった!!まだ世界にこの試作2台しか有りません。試作代も弊社のような貧乏会社には高く死にそうです。今増産で造っています。2月中旬には出来ますので是非とも宜しくお願いします!!赤いリングには1/4インチの小ネジメスが付いています。360度どこの位置でも止まる様になっています。それから、商品型番にB4toPL/EFとなっている様に後部の黒いリングをまわして外すとPLマウントも装備しております。×2エクステンダーと本体の2.2倍で約4絞りファクターが掛かります。でも皆さんも驚いたと思いますがSony7Sの感度は最高ISO409600!!も有るんですよ。 
会場ではISO12800の設定でやってました。
で、こんな写真もお客さんに撮ってもらいました。C11L0152 - コピー.JPG
イイ感じでしょ!。唇がいやらしいって?いや!そんな事を言っているんじゃないよ。フルサイズの表現力は魅力的です。ということです。スーパー35なんかも敵わない世界ですよ。是非とも一度見て下さい。デモします。古いレンズでもけっこう味があるんですよ、それが。

 それから、新作でこんなのも受けてました。小物ですが、IMG_1325 - コピー.JPG
エレベーションハイハットです。やっぱりハイハット使っている時ちょっと上下調節したいと思うんでしょうね。「箱ウマ持ってこーい!」なんて。なかなかジャストにいかないもんで。でもこれは約30センチ伸びます。ちょっとマニアックな便利な物でしょ〜。

それから、展示するまではどうかな〜と思ってましたが、意外に受けたのがこれ!IMG_1547 - コピー.JPG 
パンフレットはこれです。img151.jpg
広告の最前線はこれだったんですね。時代は変わりますね。「デジタルサイネージ」この言葉はブースで何人もの方から聞きました。デジタルサイネージ、、、デジタルのねじ回しじゃないですよ! 街で見かける巨大なスクリーンや16:9のモニターを縦にして動画のポスター等TVCMでは表現できない広告が流行ってきています。駅などで見かけるようになりました。これはカメラを横にして縦サイズを撮るリグです。「なんだよ!普通に撮ってトレミングすればいいじゃんか!?」って思うのはダメの様で、画が荒れるとの事です(トレミングで拡大するから)。「じゃ、4Kの画質ならトレミングもいいだろう!!」と思いますが、せっかく4Kの高画質でやるのだから、トレミングを止めてくれ というディデクターさんやクライアントの要請でやっぱり最終的にはカメラを90度傾ける様になるという。だから、これはカメラを横にして縦サイズで撮るリグです写真に写ってますが後ろの壁に44インチのモニターを縦にして画だ出ししました。「TF-V Rig」としましたが、VはVertical(縦)のVです。

それから、海外製品「mtf」のマウント専門のメーカーの物も扱うようになりました。宜しくお願いします。
相変わらす良く売れている「NOP40」や「NOGA」のアーム。リグはF55カメラだけじゃなくPanasonic VARICAM4KやPHANTOM FLEX4Kにもバッチリ合う「TF-Base Rig UNIVERSAL」も好評でした。


という事で、本当にありがとうございました。お金掛かるけど出展して本当に良かったです。
感謝!感謝!致します。
それからアメリカではほぼ100%(150Ф)使われています、オコーナー・OCONNOR三脚の販売・修理も始めます。宜しくお願いします。
それとそれと、弊社は三脚の修理やレンズの修理が本職です。 どうぞ宜しくお願いします。修理屋ですので。

 久々、ブログ書きました片岡でした。6月のハリウッドでの「CINE GEAR」の展示会の記事もかいてませ〜ん。すみませんでした。反省します。

ブースに来て頂いた方々の一部の写真です。勝手に載せてすみません。ご了承ください。
IMG_1594.JPG IMG_1575 - コピー.JPG IMG_1572 - コピー.JPG C11L0147 - コピー.JPGC11L0049 - コピー.JPGC11L0228.JPG



posted by TF店長 at 10:41 | ご挨拶

2014年01月12日

2014年今年も宜しくお願いします。

2014年今年もどうぞ宜しくお願いします。

昨年、2020年オリンピックが東京に決まり 久しぶりの良い出来事が有りました。多分其れまで景気が下がる事は無いと予想します。(1980年台のバブルっていうのは もうカンベンして下さい ですけどね。)しばらく混沌としていました映像界の景気も少しづつ良くなってくれると思います。今年のサッカーワールドカップは4K映像の中継が行われるといわれています。機材は確実に4Kの方に移る。映像はより一層高画質の世界に突入します。

私たちテクニカルファームはカメラ周り レンズと三脚のメンテナンス及販売が主な業務であります。
昨年は新人を3人入れ、また17年目にして有限会社を株式会社に組織変更するなど 将来の地盤固めを行いしました。

来る4K高品質映像の世界に向けてお客様が満足して頂く様、映像界の真ん中を真っ直ぐ進む様、 社員一同気合を入れて頑張ります。

2014年今年もどうぞ宜しくお願いします。
        
              今年は勉強しなくてはと 決意新たのTFー片岡でした。
posted by TF店長 at 23:16 | ご挨拶

2013年12月03日

12月3日株式会社テクニカルファームに成ります。

12月3日(大安)
有限会社テクニカルファームから株式会社テクニカルファームに社名変更いたします。

17年目です。短かったのか、、、あまりにもいろいろ有って長かったのか、、、。一人で始めて 今10人。小さな富ヶ谷のマンションの一角から 今幡ヶ谷のちょっと広い事務所。優秀な社員に恵まれ戦える集団・会社になって来ました。何よりずっと応援してきて頂きましたお客様、本当に良いお客様に恵まれました。ありがとうございました。

近々、形式ばった社名変更のお知らせを郵送いたします。会社データの社名変更の手直しを宜しくお願いします。

それから、

下記の通り役員の就任と成りました。
代表取締役 片岡幹貴
取締役    内田拓伸

これを機に社員一同、より一層お客様のご期待に添えるよう邁進していく所存でございます。何卒格別のご指導とご鞭撻を賜りますようにお願い申し上げます。



ちょっと、硬い文言になっちゃいましたが、弊社業務はレンズ・三脚のメンテナンス、オリジナル製品開発、特機製作、各種放送機器販売です。カメラ周りの機器を最高の状態にし最高の撮影スタッフの方々に満足して頂く様 唯一無二 他に無い会社に成る様精進致します。

これからもどうぞ宜しくお願いします。 
         
※なんかこう、、、当然真面目な内容にしなければいけないですが、ちょっと硬いからやだなと思う文章が入り混じり 変になってしまいました。まァ気持ちが大切ですから、、、かんべん!TF-片岡
posted by TF店長 at 00:36 | ご挨拶

2013年12月02日

月刊「ビデオα」ありがとうございました。

月刊「ビデオα」ありがとうございました。

img421ビデオアルファー12月号.jpg


「プロのためのビデオ技術情報誌」として長く映像業界の方々に愛読されてました、月刊「ビデオα」がこの12月号をもって休刊となりました。

何度か弊社の製品を記事にして頂いたり、Inter BEE・放送機材展の出展を記事にして頂いたり本当に嬉しかったです。一番初めは「TF-LEDライト」でかなり前になります。まだLEDライトが今の様に沢山出てなかった頃、いち早く弊社の様な弱小会社の商品を記事にして頂いて本当に嬉しかったです。今でもその号は大切に保管しています。ちょっとこの業界に仲間入り出来た様でマジ嬉しかった。(今時に言うと)。そういえば、数回神保町の御社にもお邪魔した事もありましたね。

だんだんカメラが小型化になって誰でも簡単に綺麗に撮影できるようになったり、1000万円ぐらいするカメラが普通だったのが、昨今の機材はアマチアでも手が届く金額になった。カメラマンの方の何が何でも写しこまなくっちゃいけないんだ!!っていうプロ意識も薄れてきたのでしょうか?休刊は時代の流れなんでしょうか?

今後、ワールドカップやオリンピックに向けて4Kや8Kの世界に突入します。今撮影現場は4K収録が多くなってきています。皆手探りです。「プロの為のビデオ技術情報誌」を謳った「ビデオα」は今後も必要だったと思います。たった一行の文章で「あっそーか!」って前が開けるのは ある事ですもんね。

「ビデオα」復活して欲しい! このままでは、「ビデオ〇ロン」という本になってしまうのか?あの本はアマチア対象でしょう?(最近ではちょっとプロ対象の記事も有って私も見ちゃうけど、、、)
ちょっとね。

ま、休刊と決まったら仕方ない。先に言ったように4K8Kの波が来ています。まだまだ必要とされてました。どんな媒体でも良いですから また「ビデオα」に再会したいです。

発行元・株式会社写真工業出版社のスタッフの方々とり合えず一旦はお疲れ様でした。私は「ビデオα」が愛読本でした。いろいろと教えていただきありがとうございました。また きっと近い将来再会できるよう宜しくお願いします。


※本当は「ビデオα」の本に感謝の言葉を書いて短くしようと思ったのに ついいろんな事思い出していつものダラダラ文章になってしまいました、  のTF−片岡でした。終り。
posted by TF店長 at 23:00 | ご挨拶

2013年01月14日

2013年明けましておめでとうございます。

2013年明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりありがとうございた。今年もどうぞ宜しくお願いします。

 私たちのメイン業務は、Canonのレンズの修理及びSachtlerとVintenの三脚の修理です。
今年は、修理部門に人を増やし(新人1月と4月に各1名)、特に三脚修理を強化します。人は財産・若い人は将来であります。それなりになるまで2年はかかりますので全力で育てようと思ってます。作業が細かく難しいので精神的にもタフじゃないといけません。頑張って欲しいです。

 今年は、なんと言っても、2月にSonyからF5/F55カメラが発売されます。一昨年はSony F3カメラ、昨年はCanon C300カメラと一年ごとに主役が変わります。少し前から比べるとカメラ本体100万〜300万円ぐらいと安くなりましたが 購入して使う方にとってはたまったもんじゃ有りません。F3からF5/55に乗り換える方も沢山いらっしゃるでしょう。でも、メディアというかカードもまったく新しい物になります。以前の物は使えません。そのカードだって5〜10枚買ったらカメラと同じぐらいの金額になります。これも何とかならないでしょうかね?

 とは言っても私たちテクニカフファームも頑張ってリグを製作しなければなりません。F3カメラに「TF-F3Base Rig」,Canon C300カメラに「TF-1915 Cube」と製作してきました。そして今F5/55カメラ用に必死でリグを造ってます。もう来週ですよ!三友株式会社さんの展示会が迫ってます。そこで初お披露目です。皆に気に入って貰えたら嬉しいなァ。今回は他のカメラでも使えるようにマルチなリグにします。カメラが変わってもまた、他のカメラでも使えるようにします。最近コロコロカメラが変わるから。ある程度撮影現場で使われフィードバックされ手直しし 熟成されより良い機材になって撮影機材史の片隅に残るような製品になって欲しいと思います。22日23日の三友さんの展示会レポートとともにこのブログでも発表します。宜しくお願いします。

 Canon C300カメラは昨年どれぐらい出荷されたでしょうか?私の予想より結構浸透しているような感じがあります。映画というよりTV関係に受けた感じですね。ソニーさんのカメラとは質感が違います。ソニーは凄く綺麗なビデオの画、Canonはスチール写真が動いている質感の画です。好みがはっきり分かれている為、今年F5/55をソニーさんが出してもCanon Cシリーズはそれなりに売れるのではないかと思われます。(私個人は今はREDのEPIC/SCARLETの画がイイですけど、今はですよ。)

ということで、引き続き「TF-1915 Cube」
IMG_1422.JPG
のリグも宜しくお願いします。

それから、1月末からФ15のロッド棒のみ半分の「TF-15half」を発売します。
IMG_3842.JPG 

これも、1月末発売。ブラックマジックのカメラ用のグリップや上の「TF-15half」等など。
IMG_3861.JPG 
これらも来週の展示会に出展します。宜しくお願いします。


それから、発売して4年目ですが年末の総選挙で「NOP-40」が売れました。
IMG_2696.JPG
私は、これは便利だと思います。カメラの高さを更に40cm高くします。小型で現場でかさばらないし、もしかしてハイハットのようにスタンダードになるかも知れませんね。

昨年も お客さんから要望され一緒に考えて考えていろいろと造りました。直近12月に造った物3種です。
IMG_4278.JPG IMG_4181.JPG IMG_4256.JPG 
 1番目は、BlackmagicのミニコンバーターHEAVY/DUTY用のホルダーです。どこにもクランプする所がは無いのでこの様なホルダーが有ると便利です、Vマウントリチュームバッテリーも付くし大ネジ小ネジが多数空いたプレートも付いてます。カチャって簡単にコンバーターが取り外し可能な機構にしています。
2番目は、ARRIのスライドベースの下の部分を造りました。ARRIより何分の重さですからとにかく軽くしたいというシステム用です。裏の三脚に付く大ネジ小ネジもフレキシブルに動き どの様なカメラネジ位置でも付くようにしています。
3番目は、得意な部類ですが液晶モニターにVマウントリチュームバッテリーが付くアダプターです。液晶モニターがどの様な形状でも一番ベストな付き方になるように努力します。
これら特注品もオーダーが有れば造りますので良かったらお問い合わせください。



 私は昔撮影助手でしたので、これからも好きなカメラ周辺機器の物をメインで造りたいと思います。いろんな作り物の相談を承ってます、どうぞ特機部門も宜しくお願いします。安くないですよ!こんな人がいます。「ある物が高いから同じものを安く作ってください」っていう。もう一生来なくって良いって思いますね。侮辱ですよね。

 最後に、どこかの野球球団監督じゃないけど「愛」ですよ。「機材愛や映像が大好き」という、そんな人と仕事したいです。むちゃくちゃな、しかも儲けない世界をせっかく選んで仕事しているわけですから 楽しく仕事したいですね。どこかのメーカーP社なんか「機材愛」って絶対に無いように感じますもね。

 長くなってすみません。昨年9月 富士フィルムさんが映画用フィルムの生産を止めてしまいました。発端のコダックもいつまで生産するのか分かりません。昨年は映像史のひとつの区切りになってしまいました。フイルムが一番クリエイティブで綺麗と思って育ってきた私もショックです。助手さんの育ち方も大きく変わっていくでしょう。撮影部も変化していきます。でもどうしようもないことです。仕方ないです。現状・未来に向けて一番綺麗な画を追求していきましょう。どんなになってもカメラマンの方の少しでも良いものを撮りたいという習性はカメラやメディアが何であろうとも変わらないと思います。私たちテクニカルファームは社員一丸となってはその良いものを撮りたいという習性に少しでもバックアップできる様に頑張ります。今後ともどうぞ宜しくお願いします。


今年は良く睡眠をとって頭クッキリで仕事したいと思いながら、今AM4時です。これじゃだめでよね。文章が長いのは頭悪いのだろうなァ。ということでTF-片岡でした。(kataoka@technicalfarm.con)なんかメールでも下さい。
PS:最近i-pad miniを手に入れてますます睡眠不足になってます。私は「悪魔の板」と呼んでます。
 
posted by TF店長 at 04:39 | ご挨拶
キヤノンマーケティングジャパン 修理代行店
ザハトラー・ジャパン 修理認定ショップ
ヴィンテンジャパン 修理認定ショップ
オリジナル製品・特機製作 / 改造
MOVIEtube 日本総代理店
Deity 日本総代理店